安保法案

民主党渋谷区議団と共産党渋谷区議団で、安保法案に反対する合同演説会を笹塚で行いました。
日本は従来憲法9条1項により侵略戦争、2項でそのための戦力の保持を禁止してきました。

自衛隊は「自衛のための最小限度の実力」という扱いです。その状況で「自衛」の範囲を拡げ、集団的自衛権を行使したら日本を守る実力が薄れることになります。
また、ときの内閣が数十年保ってきた憲法の解釈を変えてしまうことも問題です。これを認めてしまえば今後誕生する内閣が更にとんでもない解釈改憲を行うこともできてしまいます。
権力がやりたい放題できないよう、憲法で規制するというのが立憲主義の考え方です。日本ではそのために三権分立制度をとっています。しかし議院内閣制の下では、今の自民党公明党のように、行政府と立法府の権力者がしばしば一致します。その上、司法を蔑ろにしてしまう。これでは権力が集中し独裁となってしまいます。
憲法は国民に自由を与え人権を保障するためのものですが、安倍政権は権力に自由を与えようとしています。
集団的自衛権そのものには様々な立場があるでしょうが、やるからには適正な手続きを踏み国民に判断を仰ぐべきでしょう。